子供にとって部屋は必要なのか

子供部屋を造るメリットとは

子供部屋作るとなると子供がいったい何歳ぐらいになってからが一番良いのでしょうか。
一般的には小学校入学をした時にというのが一番多いようです。
理由として自分の勉強机ランドセルや、ベッドなど、自分専用の物が小学校に上がると、とても増えるからです。
そして小学校に入学すると友達も増え学校帰りに友達が遊びに来ることも多くなるでしょう。 子供にとってはとても環境がかかる小学校の入学ですから、一人部屋を作ってあげても良いかもしれませんね。
一人部屋を作ると子供本人が整理整頓をし、自分らしい部屋を作らなければいけません。
毎日毎日親が掃除するのではなく、子供と話し合い色々な約束事を作ると良いかもしれません。
決まった曜日に決めておけば、これが日常の当たり前のことになり、大人になってからも生かされるでしょう。

デメリットを考えたら子供は考えて造るべき

子供の部屋は必要なのかと考えた時に、やはりデメリットもあるようです。
デメリットといっても子供自体の考え方や環境でデメリットになるのかメリットになるかは全くわかりません
どういうことかと言うと、部屋を作ってしまうと自分だけの空間がとても新鮮に思えて、家族でいる時間よりも自分の部屋で好きなことをして過ごす時間がよく思い、部屋に閉じこもりがちになる子供も少なくありません。
家族での時間は本当に大切な時間なのでそれを避けるべきなのです。
本当ならばリビングにいつも家族が揃っていて、部屋には寝に行くような感覚でいるのが一番なのです。
子供部屋を作る前に本当に家族で自分たちの家族のルールを作るのが一番です。
友達の家と比べることなく、家族全員で納得した上で答えを出すのが一番家族が仲良く入れる方法かもしれません。